伏見土佐藩邸跡

慶応4(1868)年の鳥羽伏見の戦いで土佐藩兵は警備についてはいましたが、藩主・山内容堂は「このたびの戦争は薩摩・長州と会津・桑名の私闘であるから、沙汰をするまでは戦争に加わることを禁止する」と告げていました。

しかし、藩大目付の板垣退助は「京都で事が起これば、黙って薩摩と行動を共にせよ」と、密命を出していました。

藩士の一部は藩主の命令を無視して参戦、徳川軍が敗退したので、土佐藩主は「復古討賊に大功あり」として、朝廷から称賛をされました。

(碑文より抜粋)

石碑の場所は月桂冠情報センターの敷地内にあります。

・最寄り駅 京阪本線「伏見桃山」徒歩5分/近鉄京都線「桃山御陵前」5分
・地図 http://goo.gl/vN6LMB
*情報は記事を書いた時のものです。
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/360

コメントする