深草関屋敷町

フカクサセキヤシキチョウ/現在の京阪墨染駅の西北

関一政の屋敷跡

戦国期関俊盛が伊勢亀山の城主となり、一政の時蒲生氏郷に属し氏郷が会津若松城主だった時白河城5万石を領す。

関ヶ原でははじめ西軍で、のち東軍に属し、戦後旧領亀山城に移ったが、元和4年(1618)改易され、子氏盛が近江国蒲生郡において、5000石を与えられ寄合に列し家名を存続。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/311

コメントする