下鳥羽但馬町

シモトバタジマチョウ/現在の三栖公園の南西

前野但馬守長康の屋敷跡

前野氏は尾張守護代(シュゴダイ)織田伊勢守敏広に仕え、長康は小右衛門(のち将右衛門)といい、受領名は但馬守であった。

早くから秀吉に仕え、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦、よく13年の四国征伐などで軍功をあらわし、但馬国出石城主となり5万石を与えられる。

のち同18年の小田原征伐のときには、伊豆韮山城攻めに加わり、文禄の役には朝鮮に渡り、京城にまで進軍している。

ところが文禄4年(1595)秀次事件に連座して改易され、長康と子景定共に切腹させられた。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/315

コメントする