桃山町和泉

モモヤマチョウイズミ/現在の京阪桃山南口の東北

藤堂 和泉守 高虎の屋敷跡

はじめ浅井氏に仕え、元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも出陣、のち織田信澄、羽柴秀長さらに秀吉に仕え、伊予板島(のちの宇和島藩)城主8万石余となる。

関ヶ原の戦いには東軍に属し、伊予今治(イマバリ) 20万石に加増転封、子孫は伊勢国津城主として幕末に至る。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/309

コメントする