片桐町

カタギリチョウ/現在の御香宮の南側

片桐 東市正(イチノカミ)且元の屋敷跡

賤ヶ岳七本槍の一人、最初浅井長政に仕える。

文禄4年(1595年)1万石、関ヶ原の戦い後、茨木城主慶長6年大和国平群(ヘグリ)郡内18,000石、豊臣氏の滅亡後山城、大和、河内、和泉で4万石。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/294

コメントする