桃山町島津

モモヤマチョウシマヅ/現在の桓武天皇陵の西南

島津義久、義弘、家久の上屋敷跡

(以下「島津町」と同じ)

島津氏は秀吉より旧領を安堵され、文禄の役、慶長の役に従い、さらに関ヶ原の合戦で義弘は西軍に属し家康と対立したが慶長7年(1602)家久が家康に謝罪し本領を安堵される。

家久は文禄3年家督を継ぐ。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/265

コメントする