桃山町本多上野

モモヤマチョウホンダコウズケ/現在の桃山小学校(乃木神社の西)の南

本多 上野介(コウズケノスケ) 正純(マサズミ)の屋敷跡

19歳で家康に仕え、父正信とともに近侍の謀臣として信任を得る。

関ヶ原の功により、下野国小山(シモツケノクニ オヤマ)、近江国において3万2,000石、大阪の陣でも活躍、武家諸法度の制定にも参画、家康死後の元和2年(1612)日光山東照宮の造営奉行。

元和5年下野国宇都宮15万石徳川秀忠の執政として権勢をきわめたが、幕閣の策謀により失脚する。

(詳細地図/Google マップはこちら)
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://buta-san.com/blog_kobu/mt/mt-tb.cgi/272

コメントする